今なら、無料で試し読み可能! ↓

ハンディコミック[飼育小屋少女]LP1※スマホ専用

おおかみこどもの雨と雪 細田 守

おおかみこどもの雨と雪 原作小説 映画との違い,18つの詳細設定とは!?

更新日:

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

細田守監督作品である映画『おおかみこどもの雨と雪』には、細田守監督自身が執筆した同名の原作小説が存在する。

 

 

映画から書き起こした小説なので、厳密にいうと”原作映画を小説化”したものである。

 

 

そのため 映画に忠実に描かれており、矛盾点などは見当たらない。

 

 

だが、映画では語られることのなかった 多数の詳細な設定が描写されている。

 

 

それらを紹介していく。

 

 

花が通っていた大学について

 

かなりのエリート校

 

花が通っていたのは、東京のはずれの国立大学だった。

 

 

この大学に通う生徒は、みな難易度が高い試験に合格し 入学を果たしたエリートたちである。

 

 

大学卒業後は、官途(役人)になったり 法曹界へ進み法律家になったりと、未来を約束された若者たちなのだ。

 

 

しかし、花は 自分の将来については

「誰かの役に立つような人間になりたい」

といった 漠然とした願望を持っているだけであった。

 

 

大学内の図書館

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

 

大学内に設立された図書館は 東京でも有数の蔵書量を有しており、その内の6割以上を自由に閲覧することができる。

 

 

希少価値の高い書籍も 蔵書されているとの事。

 

 

花の同級生

 

映画には一切登場しないが、花には同級生の女の子たちと 恋愛話をしたこともあった。

 

 

その同級生たちは、社会人や 他の大学に通う男性と交際していた。

 

 

同級生の内の一人に

「花ちゃんは、どんな人と付き合ってるの?」

と質問された事もある。

 

 

その際、花は

「誠実な人と付き合っている」

とだけ答えた。

 

 

花の過去

 

 

花は父子家庭で育った。

 

 

そして、大学を受験する年に 父が病に倒れてしまい、一人娘の花は 父を看病しながら受験勉強に打ち込んでいた。

 

 

だが父は、大学合格の知らせを聞くことなく他界してしまう。

 

 

独りになってしまった花を同情し、親戚たちは住む部屋を提供しようとしたり 学費を援助を申し出た。

 

 

だが、バイトを掛け持ちすれば 生計は立てられると考え、花は丁重に断ってしまう。

 

 

それまで住んでいた借家から 小さなアパートに引越し、父の葬儀で着用した喪服で 大学の入学式に出席した。

 

 

その一年後、彼と出会う。

 

 

酔っ払いのナンパを、毅然とした態度でシカト

 

同棲を始める前の、彼と バイトを終えた花の待ち合わせ場所は、駅前の古い喫茶店の前であった。

 

 

イルミネーションが街を彩る 冬の日、バイトを終えた花が待ち合わせ場所に行くと、彼はいなかった。

 

 

深夜12時を過ぎ、イルミネーションが消え、一気に殺風景になり、シャッターを下ろされた喫茶店の前で 一人座り込む花。

 

 

そこで、酒に酔った男が花に話しかけてきたのだが、花は返事をせずに無視。

 

 

おしとやかで ナンパしやすそうな雰囲気を持っている花だが、意外と自己防衛はしっかりとしているのだ。

 

 

その後、彼はやってきて 遅刻を謝った。

 

 

花は、しもやけ になってしまったが、笑顔で迎えた。

 

 

焼き鳥は、花の家の伝統料理

 

 

鶏肉(胸肉 もしくはモモ肉)を切り分けて、ピーマン(本来は ネギや玉ネギであるが、彼が苦手らしいので代用した)と共に串に刺して 少し塩を振り 網焼き。

 

 

細長いコップに、醤油やポン酢や酒 すりおろした玉ネギを 混ぜ入れ タレを作る。

 

 

焼きあがった串を コップの中のタレに浸し、食べる。

 

 

この一風変わった食べ方は、花の家に伝わる伝統である。

 

 

クリーニング屋の女性店長が、花の退職を ものすごく必死で引き止める

 

雪を妊娠し 大学を休学すると同時に、クリーニング店でのバイトも辞ざると得なくなった花。

 

 

しかし、女性店長は

「不満があるなら何でも言って」

「私に できることなら何でもする」

・・・と、事情を話すわけにいかない花を 必死で引き止める。

 

 

花の人柄と まじめな勤務態度で、気に入られていたのであろう。

 

 

彼が花に見せた写真は、彼の故郷

 

彼が 本から取り出した古い写真に写る雪山は、彼の故郷である。

 

 

そして、花たちが引っ越した家は その山のすぐ近くであった。

 

 

 

 

ちなみに、東京のアパートを引き払うことを決めてから この場所を選ぶまでに 数年を要している。

 

 

恐らく、彼は故郷の具体的な場所を 花に話しておらず、花は写真だけを頼りに この場所を探し当てたのだと思われる。

 

 

花が 韮崎のおばさん&旦那さんと一緒に 行っていた作業とは!?

 

 

保育園に行きたい雪が、花に対し やや脅迫的な交渉を展開するシーンで、ノートを広げペンを持っている。

 

 

このとき花は、韮崎の旦那さんが経営している 集落営農組合の会計作業を手伝っていたのだ。

 

 

韮崎の旦那さんは 数学が苦手らしく、とても感謝された。

 

 

花にとっても、プロの農家の 作付け計画やコスト管理の方法を 直接学ぶことができ、自分の畑にも応用できる要素を 多く見つけることができたのであった。

 

 

雪と雨が通った小学校について

 

雪と雨が通った小学校は、昭和の初めに創設された 木造二階建ての校舎で、かつては 多くの生徒が通っていたのだが、少子化により 一学年あたり10人前後の生徒数になった。

 

 

雪が入学した時の新入生は、雪を含めて9名。

 

 

他の8名は、保育園からの幼馴染なので 雪だけが新参者であったのだ。

 

 

花は 自然観察員の正社員になっていた

出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp/

 

「新川自然観察の森」にて、アルバイトとして 働き始めた花。

 

 

翌年の春、正社員になり 収入も安定したため 大学の奨学金の返済を開始することができた。

 

 

同時に、資格試験に向けた勉強に追われ 忙殺されていた。

 

 

そんな中、雨と雪を育てていたのだから、頭が下がる。

 

 

雪の親友、信乃(しの)

 

本を読むのが好きな 女の子

 

小学校に通うバスが同じ 同級生であり 雪の初めての友達、信乃。

 

 

信乃は、読書家である。

 

 

おてんばで野生児な雪が 徐々に静かに読書を楽しむようになったのは、彼女の影響。

(雪が 学校という社会の中での、”穏やかに過ごす手段”としての意味合いもある)

 

 

父親について

 

信乃の父親は、老舗の大きな材木店の三代目である。

 

 

父親のいない雪に対し、娘のように 優しく接してもらっていて、大きなお屋敷に 何度も泊めてもらった。

 

 

集中豪雨により 午後の授業が中止され、急遽 信乃を迎えに来た信乃の父親が 雪を一緒に送ろうとしたのも、そのためである。

 

 

シンリンオオカミが、雨に伝えた言葉

 

 

花が働いている「新川自然観察の森」にて、飼育されているシンリンオオカミ。

 

 

花が 雨を連れて訪れ

「あなたは、どうやって大人のオオカミになりましたか?」

「森林で育ったときのこと、どうか教えてもらえませんか?」

・・・と問いかけた際には、返答はなかった。

 

 

だが、雨はその後も シンリンオオカミの所へ通い続けた。

 

 

そして、シンリンオオカミは雨に言葉を伝えた。

 

「自分は森の事は何もわからない。

何も知らないで生きてしまった。

だから、何も伝えることがない。

 

だが ひとつ言えることがあるとしたら、ここにいてはダメだ。

 

もし何かを学びたいなら、檻の中の年老いたオオカミの相手をするよりも、野に出るべきだ。」

 

※花の言葉を理解していたが 伝えられることがないから 答えなかったのか、
単に人間の言葉を理解・使用できなかったのかは不明。

雨にこの言葉を、どのような言語で伝えたのかも不明。

 

 

シンリンオオカミのこの言葉が、雨が自分の世界を見つけるきっかけとなったのである。

 

 

姉弟喧嘩後の 雨と雪

 

 

集中豪雨が 来る日の朝、雨は雪に話しかけ家にいるように促す。

 

 

それに対し、雪は

「アンタがいてあげなさいよ」

と笑顔で答える。

 

 

このとき 姉弟喧嘩から、2年間が経過していた。

 

 

姉弟喧嘩以来、お互いに干渉せず 距離を置き、用事があるときを除き、一切話すことはなかった。

 

 

それは、決して仲が悪くなったのではなく お互いの意思を尊重した上で、居場所を住み分ける距離の置き方なのである。

 

 

花は、クマやイノシシの死体を何度も見た

↓(左)堀田さん。(中央)土肥さん↓

 

 

山間部で空き家が多いのは、近年動物が畑を荒らすことに加え クマが民家に侵入し、人間を襲うことも少なくないためである。

 

 

人間を襲ったクマやイノシシは、原則 町の鳥獣被害対策課に射殺される。

 

 

堀田さんの夫は、その鳥獣被害対策課嘱託のハンターであるため、花も何度も死体を見た。

 

 

だが、花は雨を探しに森の奥深くに入るまでは、一度も生きているクマなどには遭遇しなかった。

 

 

それは、雨と雪のおおかみの匂いが野生動物を追い払っていたことだけでなく、

「クマやイノシシが 私たちの生活圏を侵さないように 気を使っていたのではないか」

と花は悟った。

 

 

 花が 雨を見送った断崖のモデル

 

 

花が、おおかみとして生きる事を決意した雨を見送った巨大な絶壁。

 

 

幅は2キロ、全高は500メートルにも及ぶ岩塊である。

 

 

この断崖は、「悪魔の城」の異名を持つ。

 

 

この悪魔の城のモデルとなった断崖「悪城の壁」(あくしろのかべ)が富山県中新川郡立山町芦峅寺に実在する。

 

 

出典:http://ookamikodomonohananoie.jp/

出典:http://ookamikodomonohananoie.jp/

 

加えて、すぐ近くに 雨が先生に連れて行ってもらった滝のモデル「称名滝 
(しょうみょうだき)も実在する。

 

 

↓ 称名滝 ↓

出典:http://ookamikodomonohananoie.jp/

↓雨が 先生に連れて行ってもらった滝↓

 

 

「雨は二度と、人の姿には戻らない」と 花は悟った

 

花は、断崖を駆け上がる雨を見て

「もう雨は二度と、人の姿には戻らないだろう」

と悟り、悲しみに暮れた冷たい涙を流した。

 

 

だが、雨の力強い咆哮を聞き 花は温かい涙を流しながら、見送った。

 

 

出典:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/

 

関連記事はコチラ
おおかみこどもの雨と雪 かわいい花は何歳!?大学と家のモデル&”怖い”との声も
おおかみこどもの雨と雪 父親の名前&なぜ!?死んだ理由
おおかみこどもの雨と雪 可愛い雪を放置!?草平との出会いとその後
おおかみこどもの雨と雪 かわいい雨と先生&最後なぜ狼になった!?
おおかみこどもの雨と雪 おまじない”おみやげみっつ、 たこみっつ”
おおかみこどもの雨と雪 衝撃のベッドイン!キスシーン動画
おおかみこどもの雨と雪「嫌い」意見が続出の理由は!?
おおかみこどもの雨と雪 あらすじネタバレ&ラスト結末
→ おおかみこどもの雨と雪 評価感想まとめ&興行収入と観客動員数

細田守 関連記事一覧

健全なる日本男児に捧ぐ

1

        達磨さん転んだ&チンジャオ娘 の生み出した大傑作、『飼育小屋少女』についてネタバレ。       【無料試し読みは ...

2

        『姉はヤンママ授乳中in実家』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ガマンは、体に悪いです ...

3

  だ~じりん。の名作オトナ青年漫画『盗撮したらバレて童貞奪われて喘ぎ声』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ガマンは、体に ...

4

      『実は今入ってます…。お風呂でお兄ちゃんの硬いアレが…っ』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ...

5

  エロ漫画『おしり丸出し即エッチ★動けないのに、今?このまま!?』をネタバレ。       【無料立ち読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ガマンは、カラダに禁物♡ &n ...

-おおかみこどもの雨と雪, 細田 守

Copyright© エロ漫画ネタバレ試し読み:俺太一ブログ , 2018 All Rights Reserved.