おやすみせっくす~僕に抱かれるために妹は眠る~

おやすみせっくす-僕に抱かれるために妹は眠る-第2話ネタバレ無料試し読み

更新日:

 

『おやすみせっくす-僕に抱かれるために妹は眠る-』をネタバレする。

 

 

 前回はコチラ 

 

 

第2話『私は怖くて恥ずかしくて兄の前で寝たふりを続けた』あらすじネタバレ

 

毎晩 眠っている唯の服を脱がせて挿入しようとしている僕。

 

 

しかし、唯の未成熟で小さい体に いきなりアレを挿入なんてできずにいた。

 

 

なので、毎晩こっそり少しずつ 妹の処女膜を指で拡げているのだ。

 

 

だが、僕は懸念にかられていた。

 

 

「いずれ、アソコが慣れてきても 挿入したら さすがに起きるよな。睡眠薬を入手しようか・・・!?」

 

 

そんなことを考える僕に、妹は天真爛漫な笑顔で話しかけてくる。

 

 

「おかあさんがハンバーグ作ってくれるらしいから 食べようよぉ~

唯おなかすいちゃった」

 

 

僕は、その屈託のない唯の笑顔をみていると 複雑な心境になった・・・。

 

 

ふと、冷蔵庫をあけると 母さんが買ってきたらしく 酒が置いてあった。

 

 

そして、僕はその酒をコップに注ぎ ジュースだと言って唯に差し出した・・・。

 

 

・・・酔ってしまい、深い眠りについている唯。

 

 

そんな唯を、僕は・・・。

 

 

-sister side-

 

最初はほんの出来心だった。

 

 

唯は、ウェブ小説で読んだ内容に感化されて 恋愛というものに対し 興味を抱き始めた。

 

 

「もし、私が告白されたって言ったら、お兄ちゃんはどんな反応をするかな・・・」

「あっさり ”ふーん”なんて返されたらちょっと寂しいな・・・」

 

 

そう、唯はちょっとした嘘をついたのだ。

 

 

だが、兄はその嘘をものすごく大きな出来事として受け止め、混乱している。

 

 

その姿をみて、唯の心は 鼓動を早めた。

 

 

いつもすました顔で笑っているお兄ちゃんが、今まで見たこともない表情をしている。

 

 

その様子をみて、唯はとても嬉しい感情にかられた。

 

 

そして、嘘だと言いそびれてしまったのだ・・・。

 

 

その日の夜、お兄ちゃんが 眠っている(フリをしている)唯の服を脱がせ、ギンギンのアレの先端をワレメに当てている間も ずっと眠ったフリをしてこらえている。

 

 

目をつぶっているので、お兄ちゃんがどんな顔をして 何をしているのかよくわからず、不安に駆られていた。

 

 

そして、次の日の夜も その次の日の夜も、お兄ちゃんは毎晩唯の寝室にやってきて行為を続け、唯はずっと眠ったふりを続けていた。

 

 

唯は、自分でも見たことがないところを触られ、今更目を開けることができなかった。

 

 

そして、唯は快楽も感じていた・・・。

 

 

「あ・・・お兄ちゃん。今日も唯でイってくれた・・・♥嬉しい・・・」

 

 

そして、次の夜はいつもより激しかった。

 

 

アソコを舌で強くなめ回してきて、唯は 今日挿入されるかも知れないと感づいていた。

 

 

一方 お兄ちゃんは、

「深く眠っていようと唯は処女なんだから、挿入してしまったらさすがに 痛みを感じて起きてしまう・・・」

と思っている。

 

 

ふと、唯を見ると 体が震えている。

 

 

まさか、唯はいままで毎晩ずっと起きていたのか・・・。

 

 

「唯・・・嫌だったら・・・起きろ」

 

 

そういったお兄ちゃんは 挿入したい衝動を抑えきれなくなっている・・・!!

 

 

コピペ&サイト内で検索→【  おやすみせっくす  】

今なら、コチラで無料試し読み

 

 

 続きはコチラ 

健全なる日本男児に捧ぐ

1

    傑作エロ漫画『狙いはピンク』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ガマンは、体に悪いですよ♡     &nb ...

2

      傑作エロ漫画『肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ガマンは、体に悪い ...

-おやすみせっくす~僕に抱かれるために妹は眠る~

Copyright© エロ漫画ネタバレ&無料試し読み:俺太一ブログ , 2018 All Rights Reserved.