巨乳妻が油断しすぎで寝取らずにいられない

巨乳妻が油断しすぎで寝取らずにいられない 1話ネタバレ無料試し読み

更新日:

 

 

『巨乳妻が油断しすぎで寝取らずにいられない』をネタバレ。

 

 

第1話
「美人若妻の夜の営みを盗撮して脅迫せずにいられない」

 

 

ご近所さん

「高宮さんおはよう」

 

 

真由さん

「はい、おはようございます」

 

 

この綺麗なお姉さんは、主人公の男の子が通う大学 の教授の 奥さんの高宮真由さん。

 

 

見た目からして優しそうで、とてもエッチな身体…。

 

 

これは主人公君にはたまりませんね…。

 

 

しかも、どうやら日頃から 真由さんと旦那さんの夜の営みを覗いてるようです。

 

 

主人公

『全然満足できていないイキそうで イッてない。女としての喜びを知らない顔』

 

 

主人公が覗いてる感じ、旦那さんはいつも正常位で単調な攻め。

 

 

これに真由さんは不満があるのではないか?と思っているようです。

 

 

ある日、ゼミのコンパで帰りが遅くなり、いつもの様に飲み潰れた教授を家まで送り届ける主人公。

 

 

そのお礼としてお茶をごちそうしてくれます。

 

 

真由さんいい奥さんですね。

 

 

主人公

「お礼かぁ…どうせならお茶以外がいいですね」

 

 

真由さん

「お茶以外…ですか?」

 

 

おっと…主人公君、旦那さんが酔いつぶれて熟睡してるのをいいことに攻めてきましたよ…。

 

 

主人公

「だからぁ ほら たとえば」

 

 

そういいながら真由さんの大きな胸を揉む主人公君。

 

 

真由さん

「い いきなりなにをして…!」

 

 

当然の反応ですね(笑)

 

 

そんな真由さんをお構いなしに揉み続ける主人公君。

 

 

真由さん

「も もう 酔った冗談でもこんなことしちゃダメです」

 

 

こんなことされているのに真由さん優しい…。

 

 

主人公

「それに…寂しいでしょ?」

「いつもしてるのに今夜お休みっていうのは…」

 

 

優しくやめさせようとする真由さんに対して いつもの夜の営みの写真を見せつける主人公君。

 

 

真由さん

「そ その写真…どうして…!?」

 

 

この主人公君、鬼畜ですね…(笑)

 

 

主人公君

「このスマホからすぐネットに上げたりもできますよ!便利な時代ですよね」

 

 

完全に脅迫モード…。

 

真由

「…真面目で大人しい学生さんだと思ってたのに…」

 

 

そして強引に唇を奪う主人公君。

 

 

主人公

「せっかくだから真由さんも一緒に盛り上がりましょうよ」

 

 

真由さん

「んむっ――!?」

「んっはぁっ…!」

「こ こんなこと…ダメですっ…」

「んっ…主人が…」

 

 

完全に凌辱されるヒロイン状態ですね(笑)

 

 

主人公君はそのまま強引に胸を生で揉み続けます。

 

 

真由さん

「待ってください胸は――」

 

 

ちょっと陥没乳首気味の胸…こだわりが感じられますね。

 

 

主人公

「本当に気持ちよくなれること今から真由さんに教えてあげるよ」

…と耳打ちをして2階の寝室へ二人で向かうのでした。

 

 

「巨乳妻が油断しすぎで寝取らずにいられない」1話を読んだ感想

 

王道展開のNTR凌辱ものですね。

 

 

こういって欲しいところ、こう進むんだろうなって方向にドンドン進みます。

 

 

ちなみに1話の段階では主人公君の名前は一切出てきません。

 

 

恐らく、読み手が感情移入・投影しやすい様にとの配慮でしょうね。

 

 

細かい気配りでいいと思います。

 

 

次話は「無防備妻と夫婦の寝室で強制浮気セッ○スせずにいられない」。

 

 

これは想像通りの展開になりそうですね…(笑)

 

 

 続きはコチラ 

 

 

コピペ&サイト内検索→【 巨乳妻が油断しすぎ 】

コチラから

健全なる日本男児に捧ぐ

1

    傑作エロ漫画『狙いはピンク』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ガマンは、体に悪いですよ♡     &nb ...

2

      傑作エロ漫画『肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ガマンは、体に悪い ...

-巨乳妻が油断しすぎで寝取らずにいられない

Copyright© エロ漫画ネタバレ&無料試し読み:俺太一ブログ , 2018 All Rights Reserved.