日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟

日に焼けるまで-田舎の従姉弟と姉と弟-1話あらすじ

投稿日:

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

弟のヒロトと姉の涼音は、夏休みに父親の実家に行くことになり、3年ぶりに従姉弟たちに会うことになりました。

 

ヒロトとヒロトより2歳年上の涼音は子供の頃は仲が良かったのですが、思春期になってからは話しをすることすら少なくなりました。

 

玄関へ走ってくる音が聞こえてきたと思ったら、「急いだらコケるよ」という声も聞こえてきます。

 

ヒロトより1歳下の従弟のタケルとまな姉です。

 

まな姉を見たヒロトは「大きくなったなぁ、まな姉」と驚きます。

 

何が大きくなったのかわからなかった愛美ですが、「エッチねぇ」とすず姉が言ったので、すず姉はヒロトが意味したことをわかっているようです。

 

大人たちは近所の家に行ったので、家には4人だけとなりました。

 

タケルが河原に行くことを提案しますがみんなの気が進まなかったので、ヒロトはとっておきのものを見せてあげることにしました。

 

「わぁ、AVだ!」とタケルは興奮し、まな姉と愛美も「なにエッチなの見てるの?」と覗いて見ています。

 

ヒロトはAV女優を見ながら、「まな姉のほうが大きい」とバストのことを考えています。

 

まな姉が「涼音ちゃんはエッチをしたことある?」と聞くと、「ないよ~」とすず姉が答えました。

 

するとまな姉が「みんなでエッチの練習しない?」と言い出し、触るだけならOKということになったので、ヒロトとタケルは剥き出しにしたチン○をあらわにします。

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

「弟以外のチン○を初めて見た」と言うまな姉に、すず姉は言葉を失います。

 

まな姉が「二人のチン○って違いがあるね」と言うと、タケルが「ヒロ兄のは子どものみたいに皮がかぶってる」と言いました。

 

するとヒロトは「でも僕のチン○のほうが大きいし、皮は手でむける」と言い返します。

 

まな姉が「わたしの手で剥いてみたい」と言いながら、ヒロトのチン○を触り始めました。

 

まな姉は「固いね、どうやって剥くの?」と聞くと、ヒロトが「下に引っ張って」と言うので、まな姉はヒロトのものをしっかりと剥きました。

 

剥かれるだけでイキそう、とヒロトは感じています。

 

まな姉はチン○に触りながら、「先が艶っぽくてフルーツみたい」「匂いは魚だけどね」と言っていますがイヤではなさそうです。

 

タケルが「すず姉もやってよ」と催促したので、すず姉もタケルのチン○を触ります。

 

タケルがすず姉にさらに強く擦るように指示するのを見たまな姉は、「なるほど、そうやるのね」と言って、ヒロトのチン○を擦り始めます。

 

シュコシュコと擦りながらまな姉は「楽しいね」と嬉しそうですが、すず姉は「痛くないのかな」と心配そうです。

 

タケルは「もっと激しく、あぁ、僕もう…」と気持ちよさそうです。

 

「汁が出てきたけど本当に大丈夫?」とすず姉が心配そうですが、我慢できないタケルは「もう出そう!」と言って彼女の顔に出してしまいました。

 

姉のスっとした顔にタケルの精○がかかったのを見たヒロトも、ドピュっと出してしまいました。

 

まな姉の顔にも精○がかかってしまったのですが、まな姉は「わぁ、わたしたち精○をかけられたね」とあどけない様子です。

 

一方すず姉は、「顔に出しちゃうなんて…」と心臓がバクバクしていました。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

-日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟

Copyright© S家に嫁いだM嬢の日常-ネタバレ&無料試し読み , 2019 All Rights Reserved.