今なら、無料で試し読み可能! ↓

ハンディコミック[飼育小屋少女]LP1※スマホ専用

ジブリ 耳をすませば

耳をすませば 天沢聖司はイケメンストーカー説!!

更新日:

出典:http://coffeewriter.com/

 

1995年に公開されたスタジオジブリの「耳をすませば」に登場する美少年 天沢聖司について解説していく。

 

 

天沢聖司(あまさわ せいじ)とは

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp/

 

向原中学校の3年生(15歳)であり、地球屋の主人・西司郎の孫。

 

 

端正なルックスと知性を兼ね備えたイケメンである。

 

 

将来の夢はヴァイオリン職人になることであり、中学を卒業した後はイタリアに行き修行をするらしい。

 

 

読書が好きで 本をたくさん借りており、図書カードに名前が書かれているを以前から知っていた。

 

 

ComicFesta:実は今入ってます…。お風呂でお兄ちゃんの硬いアレが…っ.ver1.2.1

 

 

 

天沢聖司ストーカー疑惑!

出典:http://n-jinny.com/

 

映画を鑑賞しただけでは、夢に燃える爽やかなイケメンといった印象の聖司であるが、よく考えると 高度なストーキングテクニックを駆使し、雫に近づき婚約までこぎつけたのである。

 

 

その甘いマスクの下に隠された、知略と謀略に彩られたストーカー 聖司の本性とストーキングテクニックを解説。

 

 

自分の名を 何度も認識させる

 

雫「この人(天沢聖司)、この本も読んでる・・・。」

 

 

雫が 面識の一切無い「天沢聖司」という名前の男性に興味を持ったのは、図書館の本の図書カードであった。

 

 

聖司「俺、お前より先に図書カードに名前書こうとして 随分本を読んだんだ」

と、後に供述している。

 

 

図書カードに書いた自らの名を 何度も認識させることによって、深層意識にまで記憶させることに成功したのである。

 

 

加えて、何度もすれ違い、隣の席に座ったこともあると証言。

 

 

つまり 雫が読んでいる本を記録し 傾向を分析、図書館の膨大な蔵書量の中から 雫が借りる可能性の高い本をピックアップ&先回りし、図書カードに自分の名を記載し続けたのだ。

 

 

丹念かつ緻密に計画された、プロの手口である。

 

 

雫を毎日の様に尾行してた?

 

出典:http://up.gc-img.net/

 

雫が聖司をはじめて認識し、話をしたのは雫が忘れた本を取りにベンチに戻ってきた時である。

 

 

ベンチに戻った雫が見たのは、自分の忘れた本を スカした態度で読む聖司の姿。

 

 

そして聖司は憎まれ口を叩くことによって 自分の存在を印象付けるという布石を打つことに成功したのだ。

 

 

だが、雫がベンチを離れてから、忘れた本を回収に来るまでのわずかな間に ベンチに陣取り、

「おまえさあ、コンクリートロードはやめたほうがいいと思うぜ?」

等と 憎まれコメントを述べるほど内容を熟読しているのだ。

 

 

あまりにもタイミングが良すぎる。

 

 

つまり、常日頃から暇さえあれば雫を尾行していたと推察できるのである。

 

 

「地球屋」で完全にオトす!

 

無賃乗車 猫・ムーンで雫を誘導

 

雫が 聖司の祖父が経営する「地球屋」にたどり着いたのは、ムーンの後をつけたからである。

 

 

だが、たまたま電車に乗ってきた猫が、たまたま自分と同じ駅で下車し、たまたま地球屋に来た、というのは とてつもない天文学的な確率である。

 

 

現実的に考えるなら、雫を地球屋におびき寄せるように 聖司がムーンを調教していたと考えるほうが、遥かに確立が高い。

 

 

不自然極まりない、グッドタイミング過ぎるオーケストラ

 

出典:https://scontent.cdninstagram.com/

 

そして聖司は、地球屋に雫を連れ込み バイオリンで雫の大好きな曲「カントリーロード」を演奏し始め、雫に歌唱を促す。

 

 

しばらくすると、もの凄くいいタイミングでお爺さんたちが帰宅し 楽器を演奏しながら合流。

 

 

雫を中心に据えたオーケストラが始まり、雫の心を高揚させ 完全に雫にとっての特別な存在となったのだ。

 

 

良すぎるタイミング、まるで予めスタンバっていたかの様な お爺さんたちのテキパキとした手際。

 

 

お爺さんたちも、非常に高確率でグルである。

 

 

杉村を排除

 

出典:http://quiizu.com/

 

雫の男友達である杉村の存在も、当然 以前から聖司は認識していただろう。

 

 

杉村も十分イケメンである。

 

 

聖司は杉村という危険因子を排除するために、天才的な一手を魅せる。

 

 

雨天のため外に出られない昼休み、生徒全員が居る他クラスに行き

「月島、いるかな!?」

と、発言した。

 

 

この発言は、暇をもてあました生徒たちの格好の話題となり、

「オ・ト・コ!」「オ・ト・コ!」

の大合唱が響き渡った。

 

 

つまり、周囲の人間に強制的に「雫と聖司はカップル」と認識させることにより、雫は他の男と付き合うという選択肢はなくなってしまったのだ。

(※さもなくば、尻軽女扱いされちゃうのである)

 

 

力技で、杉村の排除に成功したのだ。

 

 

雫の家付近を早朝から徘徊!?

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

「雫に早く会いたくてさ、何度も心の中で呼んだんだ。『雫ー!!』って。そしたら本当に雫が顔を出すんだもん。すごいよ、おれたち」

 

夜明け前に雫が住む団地の前にいた聖司が発したセリフである。

 

 

なんとロマンティックな、素敵な出来事なのでしょう・・・♥

と言いたいところだが、聖司のこれまでの所業を考慮すると このような好意的な解釈は不可能だ。

 

 

このシーンについては、かなりショッキングな考察だが、

”雫が出したゴミを漁っていたら、雫が顔を出したので 慌てて配置につきロマンティックなムードを演出した”

という説が有力とされている。

 

 

そして、そのまま外へ連れ出しプロポーズ、雫との婚約という野望を実現したのである。

 

 

 

以上が、稀代の天才ストーカー天沢聖司の 最高峰ストーキングテクニックの全貌である。

 

 

↓気分転換に是非・・・。↓

3:54

 

このようなストーキングテクニックは、それと釣り合うルックスと話術があってこそ有効なのである。

 

 

もし 私やアナタが同じことをしたら、即座に悲鳴をあげられ通報&国際指名手配されますので、実行は推奨できません。

 

 

ご理解の程を。

 

今なら、無料で試し読み可能! ↓

【コミなび純稿】密室処女

 

関連記事はコチラ
→ 耳をすませば 柊あおいの原作漫画 ジブリ映画との違い
耳をすませば その後の続編漫画「幸せな時間」原作者 柊あおい作
→ 耳をすませば 月島雫は貧乏!?お父さんとお母さん 姉・汐(しほ)
耳をすませば 杉村がかわいそう!?告白セリフと声優
→ 耳をすませば 猫の人形バロン 瞳は鉱石&ポーズが変わる 声優は誰
→ 耳をすませば 都市伝説 耳すま症候群&雫はあの人物の生まれ変わり!?
→ 耳をすませば あらすじ ネタバレの要約
→ 耳をすませば 評価 感想まとめ&興行収入

ジブリ関連記事 一覧

健全なる日本男児に捧ぐ

1

  だ~じりん。の名作オトナ青年漫画『盗撮したらバレて童貞奪われて喘ぎ声』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ガマンは、体に ...

2

      『実は今入ってます…。お風呂でお兄ちゃんの硬いアレが…っ』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ...

3

    『真面目処女のエロ垢見つけてオフパコ三昧!! 』をネタバレ。     第1話あらすじネタバレ 【里菜01】「こんな普通の黒髪女子高生があんなエロ垢やって ...

4

  ヨダカパン&小桜クマネコのタッグによる 傑作エロ漫画『ビッチと過ごす俺の夏!!』について、ネタバレ。     第1話 あらすじネタバレ   男子高校生、石田 ...

5

    名作オトナ漫画『家庭教師サラの放課後ご褒美』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ガマンは、体に悪いですよ♡ ...

6

  エロとホラーが融合したチンジャオ娘のエロ漫画『神の乳母~異形に奪われた妻~』の第1話のあらすじをネタバレしていく。       【無料試し読みはコチラ】 ↓ ...

7

    傑作オトナ漫画『あと99回シたら、私とコイビトになって。 』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ コピペ&サ ...

8

  幸村佳苗×井上美珠による 名作オトナ漫画『君が好きだから』をネタバレ。       【無料試し読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ コピペ&サイト内検索 ⇒ ...

9

  エロ漫画『おしり丸出し即エッチ★動けないのに、今?このまま!?』をネタバレ。       【無料立ち読みはコチラ】 ↓   ↓   ↓ ガマンは、カラダに禁物♡ &n ...

-ジブリ, 耳をすませば

Copyright© 漫画 アニメ関連の考察&都市伝説:俺太一ブログ , 2017 All Rights Reserved.