S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常-2話ネタバレ

投稿日:

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

あらすじ・ネタバレ

 

厩舎で馬に乗って練習をしていると、厩舎係のモノも出来上がってきていました。

 

メイドもそれに気づいていたようで、厩舎係に手伝ってもらうことになりました。

 

メリーの胸に厩舎係のモノを挟み込んでパイ吊りが始まりました。

 

 

メイドのレッスンが始まり、メリーも言われたとおりに胸を動かし始めました。

「ほらぁ、きつく締めるのですよ」

「先端をいじってみて」

「男性に奉仕することを忘れないで…」

 

メリーも興味津々と言われたとおりにしてみました。

「気持ちいいですか?」

「気持ちいいよ~」

 

すると、厩舎係も我慢できずに、メリーめがけて発射してしまいました。

 

メイドは

「じゃあ、今度は乳首を攻めてみましょうか」

と言い出し、乳首攻めが始まりました。

 

メリーはメイドの攻めを必死に耐えようとしていました。

 

「あぁぁぁぁ、イクっ~」

「まだ、早いですよ、もうちょっと我慢しないと、男性から嫌われますよ」

「うぅっ、気持ちいい~」

 

腰をくねらせながら喘ぎ続けましたが、まだ物足りないようでもありました。

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

 

午後からは医学の授業が始まりました。

とはいえ、はたから見ると下ネタでH関係の内容でした。

「ここの部位は?」

「大○唇・・・」

 

M字に開脚させられ、お○んこ全開で触られながら、名称を次々に答えていきました。

 

さらにエスカレートしてきて、肛門の中も同じように質問攻めにしていきました。

 

道具を使いながらもてあそぶようにしていくと

「ここは?」

「おしっこの出るところで…」

「もっと詳しく、正式な名称で」

 

道具でいじられていくうちに

 

「先生、もう我慢できません…」

「あぁぁぁぁ、ダメェ~」

 

すると、メリーは相当我慢していたのか、おしっこを大量に吹き出してしまいました。

 

「ああ、気持ちよかった…」

 

それだけでは授業が終わるはずもなく、

「今度は膣の中を勉強しましょうか」

と言われました。

 

メリーは勉強熱心だったので、興味津々とわくわくしながら次の項目に進んでいくのでした。

 

「膣も準備OKのようだな・・・」

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

-S家に嫁いだM嬢の日常

Copyright© S家に嫁いだM嬢の日常-ネタバレ&無料試し読み , 2019 All Rights Reserved.