S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常-3話ネタバレ

投稿日:

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

あらすじ・ネタバレ

 

膣の中についての項目に入ると、

 

先生たちから

 

「こんな、名器は見たことがありません」

「類まれなる女性なのですね」

 

と言われながら、膣の中を攻められ始めました。

 

 

「ここの部位の名称は?」

「ううっ・・・」

「ちゃんと答えなさい」

「ダメェ~、いっちゃうぅぅぅ~」

「我慢しながら答えなさい」

「G~」

「正式名称で」

「Gスポ・・・あぁぁぁぁ=」

 

Gスポットを攻められ続けると、我慢が出来なくなり、答えを発することもできないまま喘ぎ続けました。

 

くちゃくちゃといやらしい音を立てながら攻められ続けると、

 

「もう無理ぃ、我慢できない~」

 

一気に日頃の欲求不満を吐き出すかのように大量の潮を吹きだしました。

 

「じゃあ今度はもっと奥に・・・」

 

メリーは今まで味わったことがないほどの快感に酔いしれ、放心状態になっていました。

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

さかのぼること、メリーはこの家に嫁ぐ前は、どちらかといえば貧しい家の出身でした。

 

ある時、アートギャラリーのマスターと出会ったことで人生がガラッと変わりました。

 

何もないのなら私のところで働かないか、私の言われたとおりにすればいい、という条件のもとついていくことになりました。

 

ぎゃらーんあかでは男女が交錯していて、今まで嗅いだことのないような甘ずっぱい香りで充満していました。

 

快楽をテーマとしたギャラリーでしたが、一般人にはまだ受け入れられている時代ではありません。

 

最初の数日は見ているだけでいいからと言われ、ギャラリー内でぼっーとあたりを見渡すだけで時間が過ぎていきました。

 

男女の営みを見るにつけ

 

「快感とはどういった感触なのだろうか?」と思うようにもなってきたのでした。

 

そんな折、ついに自分の番がやってきました。

 

ベットに座らされて、服を脱がされ、縄で縛られることになったのです。

 

肌がぴりぴりとしてきたのをしっかりと今でも覚えています。

 

縄で縛り終わると、天井につるされることになりました。

 

メリーはこれから何が始まるのか、まだわかっていないようでした。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

-S家に嫁いだM嬢の日常

Copyright© S家に嫁いだM嬢の日常-ネタバレ&無料試し読み , 2019 All Rights Reserved.